2013年11月21日

生活保護改悪とベーシック・インカムの可能性



ベーシック・インカムのチラシPDF

ベーシック・インカム」という言葉を聞いたことがありますか? これは、「すべての人が無条件で生活に必要な所得への権利をもつ」という社会保障の考え方のことで、「無条件給付」「基本所得」とも呼ばれています。今の社会保障は、収入が途絶えると、基礎年金や雇用保険や生活保護などで生活を保障する、という仕組みです。しかし、消えた年金、雇用保険未加入者への対応、生活保護の「漏給」(必要な人が利用できていないこと)など、問題が山積みです。これを、生活に必要なお金をすべての人に支給することで置き換えるとどうなるか――これがベーシック・インカムの発想法です。奇想天外に思われるかもしれません。しかし、すでに200年ほどの歴史をもつ“老舗”の議論です。



近年、日本では、障がい者母子世帯生活困窮者など、様々な人々に対して「自立支援」を求める動きが強まっています。これは、「ワークフェア」という、アメリカなどの動きを追っています。しかし、いくつかの国では、ワークフェアに代わるものとしてベーシック・インカムが議論されています。働いてお金を得ることは尊く、また大事なことです。しかし、このことにこだわりすぎると、働かないこと、働けないこと、さらには働くこと以外の様々な生活の豊かな営みが、軽んじられてしまわないだろうか。それは、もしかすると今の社会の“貧困”、“息苦しさ”、“生きづらさ”につながってはいないだろうか。ベーシック・インカム論は、こうした今の社会の在り方を根本から考えてみることの重要性と可能性を私たちに教えてくれます。



今回は、東海圏初の、市民向け「ベーシック・インカム講座」となります。関西と関東から、ベーシック・インカム論の専門家がここ愛知にやってきます。ベーシック・インカムって何? どんな議論や実践があるの? どんなメリットや論点があるの? 今回は、これらの疑問が一気に氷解する、またとない機会です



 



◆日時  2013年12月21日(土) 13:30〜16:30



◆会場  愛知県産業労働センター「ウインクあいち」11階中会議室B1104



JR名古屋駅桜通口徒歩2分) 



◆講演・講師



1.生活保護のワークフェア改革の問題点



  
日本福祉大学 小林勇人氏

2.なぜ今ベーシック・インカムか



 埼玉県立大学 堅田香緒里氏


◆参加費 無料(予約不要)



主催 ベーシック・インカムを考える会2013



共催 反貧困ネットワークあいち



事務局:名古屋市中村区則武1-10-6名古屋法律事務所内

 

★お問い合わせ★

金城学院大学人間科学部  大山小夜

TEL 052-798-0180 FAX 052-798-4465

E-mail : saya@kinjo-u.ac.jp



 

 



posted by 事務局 at 13:49| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。