2013年10月07日

ブラックバイトと奨学金問題を考える市民シンポジウム

ブラックバイトと奨学金問題を考える市民シンポジウム
   〜若者の無限の可能性を信じて 夢と希望とチャンスを〜

入場: 無料

大学の学費が高騰する一方で、家計は苦しくなり、今や大学生(昼間部)の2人に1人が
教育ローンである何らかの奨学金を借りています。ところが、不安定雇用の拡大、格差と
貧困の拡がりは、大学を卒業しても奨学金を返せない多くの人を生み出しています。

 一方で、学費と生活費を稼ぐために、ブラック企業でアルバイトをして、残業代をもら
えない、病気になってしまったという学生の相談も増えています。

 このシンポジウムでは、わが国から「奨学金被害」と「ブラックバイト被害」をなくし、
真に学びと成長を支える学費と奨学金制度を実現するために、そして、これからの将来を
支える若者が安心して学ぶために、社会はどうあるべきか、私達は何をすべきか、一緒に
考えてみたいと思います。

日 時:2013年10月16日(水) 19:00〜21:00

場 所: 愛知県司法書士会 入場: 無料

講 演 「ブラックバイトと奨学金問題から考える教育の現状と課題」
     大 内 裕 和 氏(中京大学教授) 
奨学金アンケートと当事者の声
     ブラックバイト当事者の声
     質疑・討論

主催: 奨学金問題を考えるシンポジウム実行委員会

後援: 奨学金問題対策全国会議
     愛知県学費と奨学金を考える会
反貧困全国キャラバン2013愛知実行委員会

連絡先:水谷司法書士事務所
462-0810名古屋市北区山田1-1-40すゞやマンション大曽根2階
水谷司法書士事務所 司法書士 水谷英二
電 話 052-916-5080 FAX 052-911-3129
メールアドレス gfh03002@nifty.com
posted by あいちのネットワーカー at 15:30| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。