2013年05月29日

(6/25)18時半?第5回学習会「ハローワークからみた求職・就労、最前線」@愛知県司法書士会館

第5回学習会チラシ.pdf
<概要>
学習会「ハローワークからみた求職・就労、最前線」
日時 2013年6月25日(火)18時半〜
場所 愛知県司法書士会館(金山総合駅南口徒歩5分)
講師 全労働省労働組合愛知支部 書記長小林真人氏
全労働省労働組合愛知支部 副委員長 西尾 豊氏
氷河期世代ユニオン     代表  小島鐵也氏

主催 反貧困ネットワークあいち
資料代 300円
問合わせ s.inoue.futagosihou@friend.ocn.ne.jp(ふたご司法書士事務所 司法書士

井上聡)、saya@kinjo-u.ac.jp(金城学院大学大山小夜)
※ちらし
https://dl.dropboxusercontent.com/u/28637977/flyer130625.pdf
<内容>
「労働行政」という言葉を聞いたことがありますか?
仕事を探すとき、職場でケガをしたときやトラブルに遭ったとき、仕事を失ったときなどに助言や支援をする行政(都道府県労働局、公共職業安定所(ハローワーク)、労働基準監督署など)を言います。今、日本では多くの職場で非正規雇用労働者が増えています。労働行政の場も例外ではありません。働く人を支援する労働行政も、働く場として課題や矛盾を抱えています。
今回、ハローワークに勤める、労働行政に働く人からなる労働組合の方をお招きして、「ハローワークからみた求職市場の変化」「問題企業をめぐる課題」「働く場としてのハローワークの現状と課題」を考えます。バブル崩壊後の就職難だった時期を経験したいわゆる「氷河期世代」の方をお招きして、「声をあげる」ことの大切さも学びます。
「ブラック企業」と一般に称される、労働法規を守らない企業の見分け方や対処法、就活・求職の際の“ハローワーク活用法”も学びます。
posted by あいちのネットワーカー at 10:42| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。