2010年06月27日

日弁連が、無料低額宿泊所などの問題で厚労省に意見書を出しました

100618「無料低額宿泊所」問題に関する意見書(日弁連).pdf
藤井です。

 日弁連が、6月18日付で、厚労大臣宛に意見書を出しました(メールで流されてい
ます)。ホームページからとったものを添付します。

 厚労省は、「無料低額宿泊所」といわれている宿泊所を社会福祉法にいう第2種施
設としてきたし、他の宿泊諸施設も「無届け」施設としてきたが、法の解釈を誤って
おり、これらは第1種施設であり、認可を必要とするものであることを中心に述べて
います。当面どうすべきかも書かれています。
 非常に大きな問題です。

 読むと納得できました。私は、この線で行政に働きかけていくべきと思いました。
 どんどん広めましょう。
posted by あいちのネットワーカー at 10:05| Comment(0) | 政策提言&施策活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。